Start content

農業で食用昆虫を

むし畑は、合同会社TAKEOが運営する昆虫を養殖する農園です。

神奈川県厚木市の大自然の中にあるこの農園では、農業として食用昆虫を育てます。まずは土づくりから。

 

むし畑のメンバー

昆虫養殖むし畑農園長三橋亮太

三橋 亮太

むし畑 農園長

 子どもの頃から将来は農家になりたいと考えていた。紆余曲折あって31歳にしてようやく念願が叶いそう。昆虫食研究を始めて今年で11年目、やっと時代が追いついてきた。好きな農業と昆虫食、ワクワクが止まらない。

 北海道大学農学部卒、東京農工大院修了、香料メーカーでの食品の研究開発職を経て、TAKEOに参加。『むし畑』農園長、TAKEO全体の昆虫食品研究開発、品質管理、品質保証を担当。

埼玉大学大学院教授 長嶺拓夫 昆虫養殖むし畑

長嶺 拓夫

むし畑 技術開発担当

埼玉大学大学院理工学研究科 教授

 むし畑の技術屋さん。工学の先生でありながら生き物が大好き。優しいまなざしで毎日バッタのお世話をしている。

 埼玉大学卒業後、民間企業にてプラント設計業務などを経験し、埼玉大学で教鞭をとる。専門は機械システム。工学の楽しさや役割を伝える子ども向け科学教室にも取り組む。『むし畑』では工学の専門知識を活かして、おいしくてより魅力的なバッタを作るための技術開発を担当。

昆虫養殖むし畑の父ひろし

ひろし

むし畑の父

 普段は中学校の先生。休日だけボランティアでむし畑のお手伝い。お手伝いといっても誰よりもバリバリはたらく。

昆虫養殖むし畑のお手伝いひろみ

ひろみ

むし畑のおてつだい

 暇なときに手伝ってくれる。趣味は洗濯。農作業も虫も別に好きではないけれど、自然と触れ合うのは割と楽しそう。

初収穫は2019年秋

むし畑の初収穫は、2019年秋を予定しています。食用昆虫を新しい形で提供する予定ですので、楽しみにしていてください。

PAGE TOP